水回りリフォーム 費用・相場

水回り(キッチン・お風呂・トイレなど)のリフォームを考えてるあなたに、安心して工事を依頼できる会社や業者を探すため、あなたの知らない業界の話、費用(金額)の本当の話・工事トラブルを防ぐ方法などチェックしておくといいですね。

水回りリフォーム 費用・相場 > 水回りリフォームはいくらかかるの?※工事の費用や相場を知る!

水回り(キッチン・お風呂・トイレなど)のリフォームを考えてるあなたに、安心して工事を依頼できる会社や業者を探すため、あなたの知らない業界の話、費用(金額)の本当の話・工事トラブルを防ぐ方法などチェックしておくといいですね。

水回りリフォームの費用はいくらかかるの

水回りリフォームを考えた時、費用、相場、デザインが気になると思いますが、本当に大切なのが信頼できる業者選びなんです!

なぜかと言うと、水回りリフォームを依頼する会社や業者によって値段が違うからです!

施工費用や工事内容を詳しくわからない事もあって、見積りを頼んでもそれが妥当な値段なのかわかりません。
相場や平均的な費用を調べる事も大切ですが、リフォームの相場ってあってないようなものだったりするんです!

水回りのリフォームをする対象や状況の違い、技術料、職人の値段、会社によっては営業だけで施工は下請けに依頼するだけで、営業会社の利益も費用に上乗せされます。

相場をネットで調べても、いろんな情報が出てきてどれが本当なのかわかりません。ハッキリしないリフォームの情報を、細かく教えてくれているのが優良工事店ネットワークが無料で提供している『リフォームの青本 外壁塗装の赤本』です!

リフォームの青本 赤本『優良工事店ネットワーク』

リフォームの青本と外壁塗装の赤本には、リフォームの相場、料金事情、安くする方法、トラブル防止の為に大切な事がわかりやくす書かれています!



知らない人も多いですが
新築では当たり前ですが、リフォームでは保障がない場合も!


悪質なリフォーム業者もいます。
高額な見積りで契約して、手抜きで完了してしまう悪徳な業者の話はよく聞きます。

悪徳業者・手抜き工事の対策も大切ですが、手抜きのない納得の施工でリフォームをしてくれる信頼できる業者が見つかれば、安心して水回りの施工をお願いできますね。

どうしても水回りの費用が高額になってしまうリフォームは絶対に失敗できません!
工事後に後悔しないよう、大事な部分の知識を知り、納得の行くリフォームにしましょう!


リフォーム業界の仕組みや、普通は知らない情報が載っているガイドブックがあります。

全国40都道府県で活動中『優良工事店ネットワーク』
↑↑↑詳しくはこちらをクリック↑↑↑


『優良工事店ネットワーク』の取り組みは、ニュース番組でも紹介されています!
リフォーム環境改善のための新しい取り組みとして、新聞やテレビで50回以上報道・紹介されています。


無料の資料請求をすると、営業の電話がしつこく鳴るイメージがありますが
『優良工事店ネットワーク』は、そう言った営業は一切していません!
訪問や電話での営業は一切ありませんので、安心してください!

優良工事店ネットワークから、お客様の声やリフォーム事例が手紙で届くだけです!
 

トイレリフォームの注意点

ホームセンターでよく見かけます。
『トイレ工事一式80000円。』素人目には、古いトイレを撤去し新しい物に変えるだけのように感じます。
しかし、トイレ空間はそんな単純ではなく水回りと内装などがセットになるので簡単ではないですね。

水回りリフォームは、キッチン・お風呂・トイレ・洗面などがあります。水回りのトイレで一番お金がかかるのは、床がタイルで張られ、トイレが和式の便所だと大掛かりになってしまうことも。

何が大変なの?それは床の配管(排水管)を残し、床のタイル、和便、その床下は昔は土ですので、土を全て撤去した方が良いのです。
(今時は、和式トイレをそのままで置くだけトイレみたいなのが、あるみたいですが・・・。)今回の説明は綺麗な今時のトイレの施工の説明です。
解体してそのあとは、大工さんを呼んで、木で床をつくってもらいます。
次は仕上げには床張り屋さんに、床を張ってもらい内装工事は完了です。

説明では、書きませんでしたが、便座の電源が必要なので電気屋さんも必要に!
水回りのトイレでもウォシュレットには電源がいるので、ウォシュレットの設置を考えているなら、トイレの壁から便器まで全ての水回りと内装など全てをリフォームするのがいいですね。

トイレの排水配管の移動しなくてはいけないので、水道屋さんと、トイレを据え付けるのに、解体屋さん、大工さん、水道屋さん、電気屋さん、とたくさんの人たちが出入りし完了します。さすがに80000円では、すみません。

安易な考えで困る事もありますので、まずは自分の家のトイレがどうなっているかを把握してから、依頼した方が良いです。

わからなければ、見積りを依頼しればいいです。見積りはほとんどの業者が無料ですから。
でも、見積りしたからってリフォームする必要はありません。

日本人の悪いところであり良いところでもあります。
『情』が出てしまいます。

納得いかなければやらなければいい!と、しっかりとした気持ちでいてください。
安い買い物ではありませんから。